野菜を食べて「あま~い」とかいう人

私が嫌いなのは、テレビとかで野菜を食べて「あま~い」という状況(言葉)です。
いやいや、甘いからどうしたの?
甘ければいいの?
それならば砂糖なめてればいいんじゃない。
そうじゃなくて、もっと別のことを言わないとダメでしょ。

食感とか、もっともっと他に言うことはないの?
あま~いって、単純すぎませんか?
それと、実際はそんなに甘くないでしょ。
ちょっと甘いだけでしょ。
でも、言うことがないからあま~いって言ってるだけしょ。

それと全く甘くないのにあま~いって言ってる時もあるでしょ。
知ってます。
正直に言いなさい。
辛いなら辛いと。

以前にたまねぎを食べて、あま~いと言いながら涙を流してる人を見たことがあるんですが、
明らかに無理してますよね。
そこは、から~いでいいんじゃないですか。
正直に言いましょうよ。
あま~いは、もう視聴者は飽きてるんです。
真実を知りたいんです。

甘い=美味しいの時代は終わったんです。
辛くてもいいんです。
マズ~いと言ったらさすがにダメですが、から~いはセーフでしょ。
「から~い、でも美味しい」といえばいいんです。
最後に「美味しい」をつければいいんです。

そこを無理やりあま~いと言うから違和感が出るんです。
ニンジンとか確かに甘いですよ。
でも、他にそんなに甘い野菜ありますか?
かぼちゃとかなら煮たら甘いですけど。

でも、ニンジンやカボチャでも甘いといったらダメなんです。
そんな事知ってますから。
それじゃあんて言えばいいの?っていうやつ。
そんなもん自分で考えろ!
人生そんなに甘くないんじゃ!

「大きいくせに」という言葉

私の嫌いな言葉は、「大きいくせに」です。
私は、身長が180センチ以上あります。

いきなりですが、私はゴキブリが苦手なんです。
ゴキブリが得意な人は少ないと思いますが、私がゴキブリを見ると、
「うわっ気持ち悪っ、怖っ」という態度になります。
すると、「大きいくせになんでそんなにビビるの?」と言われてしまいます。

いやいや、体の大きさ関係ないから。
なんで体が大きかったらゴキブリが怖くないの?と言いたい。
体の大きさと、何かを怖いと感じる心って全くつながりがないじゃないですか。
それじゃ体が小さかったら、ゴキブリが怖いんですか?
関係ないじゃないですか。

他にも、短距離走が遅かったら、「大きいくせに」とか言われます。
おいおいそれなら、オリンピックの100メートルとか身長順に順位つければいいだけだろ、
と思ってしまいます。

他には、私は力が強いんですが持久力があまりありません。
一瞬だけなら100キロくらいの重さを持ち上げることができますが、
そこそこの重さを何回もあげるのには向いていないんです。
そして、作業の途中でへばっていると、
大きいくせにもう体力ないのか、というような事を言われます。

体の大きさ関係ないから。
小さくても体力がある人はあるし、大きくても体力がない人はないの。
頼むから、大きいから何でもできると思うなよ。
できるのは慣れてる人なの。
その仕事に慣れていれば、大きくても小さくてもできるんです。

でも、小さかったらなんか許されるでしょ。
まあ仕方ないか、みたいな。
それはそれで、小さい人はムカつくと思いますけど。
とにかく「大きいくせに」と言わないでください。