野菜を食べて「あま~い」とかいう人

私が嫌いなのは、テレビとかで野菜を食べて「あま~い」という状況(言葉)です。
いやいや、甘いからどうしたの?
甘ければいいの?
それならば砂糖なめてればいいんじゃない。
そうじゃなくて、もっと別のことを言わないとダメでしょ。

食感とか、もっともっと他に言うことはないの?
あま~いって、単純すぎませんか?
それと、実際はそんなに甘くないでしょ。
ちょっと甘いだけでしょ。
でも、言うことがないからあま~いって言ってるだけしょ。

それと全く甘くないのにあま~いって言ってる時もあるでしょ。
知ってます。
正直に言いなさい。
辛いなら辛いと。

以前にたまねぎを食べて、あま~いと言いながら涙を流してる人を見たことがあるんですが、
明らかに無理してますよね。
そこは、から~いでいいんじゃないですか。
正直に言いましょうよ。
あま~いは、もう視聴者は飽きてるんです。
真実を知りたいんです。

甘い=美味しいの時代は終わったんです。
辛くてもいいんです。
マズ~いと言ったらさすがにダメですが、から~いはセーフでしょ。
「から~い、でも美味しい」といえばいいんです。
最後に「美味しい」をつければいいんです。

そこを無理やりあま~いと言うから違和感が出るんです。
ニンジンとか確かに甘いですよ。
でも、他にそんなに甘い野菜ありますか?
かぼちゃとかなら煮たら甘いですけど。

でも、ニンジンやカボチャでも甘いといったらダメなんです。
そんな事知ってますから。
それじゃあんて言えばいいの?っていうやつ。
そんなもん自分で考えろ!
人生そんなに甘くないんじゃ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です