貸倉庫や物流倉庫サービスを活用する~賢い利用で企業上場~

倉庫街

貸倉庫の今と昔

トランクルームの歴史に関して

倉庫

トランクルームが現在のような感じになってきたのは昭和50年代頃です。この時は個人消費者向けに首都圏を中心にトランクルームの貸し出しを行っていました。この時はまだトランクルームに関して機能や設備に関する基準がなかったのでその基準などが定められていくようになりました。トランクルームサービスには倉庫業社が運営するものとそうでないものがあり、前者はきちんと倉庫業社が管理してくれます。後者に関しては自己管理という部分があるので、問題が起きないようにきちんと管理していく必要性があります。現在では室内型や野外型など種類も多いです。なので、目的に合った種類の倉庫を利用することが出来ます。

今後の動向はどうなりそうか

現在では住宅の都心回帰が進んでいます。都心に家を建て立てたりマンションに住んだりする場合の問題点として部屋が狭いという部分があげられます。しかし生活をしていくと物は増えていく傾向にありますから、一時的に不必要な物は預けて部屋を広く使っていくということが増えると予測されています。この預け先として注目されているのがトランクルームです。現在ではトランクルームも気温や湿度が調整された物もあっていろいろなものを預けやすくなっています。また今後は需要も見込まれるので気軽に利用出来るような料金設定や、セキュリティ面での充実や24時間出し入れ可能なものなど、利用者にとって便利なものに変化していく可能性が高いです。